必要な忍耐と不要な忍耐

状況が耐えることで好転するならば、そのまま耐えるべきだ。
状況が変わる見込みがないならば、耐える必要はない。状況を変えるべきだ。