開発pukiwiki

パスワードをかけないで使っていたら、制作中の開発pukiwikiGoogleに検索されるようになっていました。
http://www.bishoku.org/tech/wiki/
記事紹介のようなものは、コンテンツ以外に力を入れないで既製品のCMSを使うのがベストのスタイルなんだろうなーと思いました。